スポンサードリンク


TOP 赤ちゃんへの効用 >妊娠中のルイボスティー飲用の影響

妊娠中のルイボスティー飲用の影響


ルイボスティーは妊娠中の女性でも、最適なドリンクのうちのひとつです。

妊娠中の食事や飲み物にはかなりの女性が悩みの種としていることでしょう。

なぜならば、妊娠中の母親が摂る食事の内容が赤ちゃんへ計り知れない影響を与えることを皆、分かっているつもりでも、普段あまり意識して注意して取捨選択はしていないのではないでしょうか?


その点において、ルイボスティーは条件をクリアーしている飲料です。

ルイボスティーはカフェインレス(カフェインゼロ)のお茶です。


妊婦さんの場合、カフェインの含まれた飲料(コーヒーなど)を飲むと、カフェインは分子量が小さいために簡単に胎盤を通過し胎児に移行してしまいます。


そのため母親と胎児の血液中のカフェインの濃度は同じになってしまい、結果母親が過剰にカフェインを摂取すると胎児も過剰にカフェインを摂取することと同じになります。


成人女性の場合、過剰なカフェインは排除できるのですが、胎児はカフェインを排泄する能力が、まだまだ未熟であるために、カフェインを上手く体外に排泄することが出来ません。


すると排出されないカフェインは、胎児の体内に蓄積されるという悪影響を及ぼします。


今では欧米でのカフェインを敬遠する風潮に合わせて、デカフェと呼ばれる、カフェインを人工的に取り除いたドリンクも見かけるようになりましたが、カフェインを除去する技術・手法・方法については国や地域、業者によって異なるようなので、注意が必要かもしれません。



posted by ルイボスティー茶 at 20:11 | 赤ちゃんへの効用

スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。