スポンサードリンク


TOP 赤ちゃんへの効用 >授乳中にもルイボスティーは安心

授乳中にもルイボスティーは安心


ルイボスティーはノンカフェインドリンクです。


カフェインは、コーヒー、紅茶はもちろん、コーラー、緑茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンクなどにも含まれます。

また、一部の医薬品にも含まれているようです。

ただ、お茶に含まれるカフェインはタンニンと結びつくためにその効果が抑制されますので、コーヒーのような興奮作用は弱く緩やかには作用します。


しかし、授乳中のお母さんがカフェインを摂取すると少量とはいえ、カフェインが母乳に含まれます。

またカフェインは母乳の分泌を悪くしたり、鉄分の吸収を妨げてしまいます。

そして、授乳することで赤ちゃんの身体に入ってしまいます。


赤ちゃんは大人と比べて消化器系が未熟なので、カフェインをうまく排出することができず、カフェインの影響がより強く出てしまいがちです。


カフェインは興奮剤の一種なので、赤ちゃんが摂取することでイライラして情緒不安定になったり、夜泣きをするという影響が考えられますね。


ルイボス茶はカフェインが含まれませんので、そういったカフェインの副作用の心配もなく、安心して飲めることが最大のメリットでしょう。


そして、ルイボスティーには、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムといった大事なミネラルが豊富にバランスよく含まれるといいますので、母子共に非常に良いドリンクと言えますね。



posted by ルイボスティー茶 at 20:15 | 赤ちゃんへの効用

スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。