スポンサードリンク


TOP 赤ちゃんへの効用 >カフェインゼロの魅力

カフェインゼロの魅力


ルイボスティーにはカフェインが含まれていません。


カフェインによる副作用はいろいろあるようですが、その中でも妊娠中のカフェイン摂取の影響はあまり軽く考えないほうが良いようです。

ただでさえストレスの多い現代社会で、妊婦さんはなおさらその傾向が強いものです。

食後のコーヒーはそんな気持ちを和らげてくれる、なくてはならないもの。

けれども、カフェインは胎盤を容易に通過してしまうため、妊婦さんがコーヒーや紅茶、お茶などを飲むとおなかの赤ちゃんにもカフェインが移行してしまうのです。

カフェインは良い効果もあるのですが、大量に摂取すると、不眠、不穏、精神興奮、筋緊張、頻脈、呼吸促進などといった副作用が出る場合もあります。


特に、妊娠中はカフェインを分解、排泄するのに時間がかかります。

更に、妊娠末期には代謝速度が1/3になり、妊婦さんの身体に長く残ることになります。

また先に述べたようにカフェインは胎盤を通過し胎児に移行するため、胎児はお母さんと同じ血中濃度になりますが、胎児は肝臓の機能が未熟なためカフェインをなかなか排泄できずに胎児の体内に高濃度のカフェインが留まるので悪影響が心配されます。

このようなことが無いように、妊娠中の飲み物には気を使うようにするのが当たり前になってきてはいますが、ルイボスティーのようにカフェインレスの飲料が何であるか、どの飲み物がカフェインが含まれていないかなどの知識は不足気味のようです。


ルイボスティーはノンカフェインのため、そのような心配は無用なのです。




posted by ルイボスティー茶 at 21:18 | 赤ちゃんへの効用

スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。