スポンサードリンク


TOP いろいろな飲み方 >正しい入れ方(煮出し編)

正しい入れ方(煮出し編)


ルイボスティーを作るときは、煮出して作るのが最も効果的な成分が抽出されるようです。


通常ルイボスティーは紅茶のようにティーバッグに入っています。

そのティー・バックをティーカップに入れて直接お湯を注ぐだけでも、紅茶に似た赤いきれいな色とルイボスティー独特の香りが出てきます。

まぁ、時間のない時などはそれでも良いのかも知れませんが、ルイボスティーの持つ抗酸化作用を、より多く抽出し健康増進作用をより有効に活用するためにはルイボスティーの茶葉を10分以上煮出すことがいいです。

煮沸させる容器はガラス容器が理想かもしれませんが、ない場合は普通のやかん(出来ればステンレス)、またはホーローの容器で作りましょう。

ステンレスのやかんだと、ヤカンをいつまでも清潔に保つことが出来るので結構おすすめです。


10分以上煮出すことで、脂肪酸の酸化を抑える働きの強さが発揮されるようです。

あまり長時間でも良くないようなので、10分〜15分程度が活性酸素を除去するSOD作用と抗酸化作用が最も多く抽出できるといわれます。

火を止めて自然に冷ました後で、ティーバッグを取り出して、冷蔵庫に入れて冷やせば、アイスルイボスティーが出来上がりです。

ずっとティーバッグを入れっぱなしはよくないと聞きましたので、煮出しが終わったら取り出しておきましょう。


posted by ルイボスティー茶 at 22:00 | いろいろな飲み方

スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。