スポンサードリンク


TOP> 副作用について

赤ちゃんでも副作用が心配ありません


赤ちゃん用のベビー飲料はノンカフェインになっているようですね。

なぜなら、乳幼児はカフェインの分解速度が大人より遅く、体内に蓄積しやすいという理由があります。


赤ちゃんのカフェインによる副作用は、興奮状態に陥ったり、情緒不安定、不眠(覚醒作用)で夜泣きをしたり…といった影響が出ることがあるかもしれません。

ほかにも倦怠感などがでる場合もあるようです。

更にカフェイン中毒というアルコールと同じで過度の摂取で大人といえども健康被害があるようです。


ルイボスティーは、それ自体がノンカフェインでカフェインが含まれていない飲料です。

つまり、カフェインが含まれていないので、赤ちゃんへの副作用の心配もありませんね!


ちなみに、麦茶もカフェインが含まれていないので、ルイボスティーと同じく副作用の心配もなく、安心して飲ませてあげられます。



赤ちゃんにルイボスティーを飲ませるのは、6ヶ月くらいを過ぎた頃からあげるという意見が多いようです。

ただし、大人より味覚が敏感なので、麦茶でもそうですが、ルイボスティーを初めて与えるときは薄くしてあげてください。

飲んでくれれば、徐々に普通の濃さにしてあげると良いそうです。


ちなみに、ベビー用飲料の製品によっては1ヶ月後からとか、3ヶ月〜4ヶ月くらいからという表記もされているベビー飲料もあるようですが、新生児〜数ヶ月のうちは母乳(粉ミルクのお子様なら白湯)だけで十分だそうですよ。

posted by ルイボスティー茶 at 19:55 | 副作用について

副作用が心配なかたに

ルイボスティー副作用についてですが、一般的には副作用の心配はないとされています。

基本的にルイボス茶には副作用はありません。



副作用というのは薬に関して用いられる用語です。


狭義には「医薬品の使用に伴って発現した有害な事象」を、広義には「医薬品の使用に伴って生じた治療目的に沿わない作用全般」を指すとあります。

つまり、ルイボスティーは薬ではなく、お茶の一種で、そのほかに何か悪いものが入っているということでもありません。


ただし、カフェインはゼロですが、タンニンは少量入っています。

タンニンをたくさん摂取することが体調に合わない方もいます。


ルイボスティーには様々な効果効能がありますが、ルイボスティーは薬ではないので薬だと思ってルイボス茶を、やたらと多量に飲みすぎることはよくないと思われます。


一般的に水分を摂ることは良いとされています(1日2リットルが目安とも言われます)が、アトピー皮膚炎などをお持ちのかたは水分の取りすぎはかえって胃腸に負担をかけ、アトピーの症状を悪化させてしまうこともあるようです。

顔色が悪くやせ型、胃腸が弱いタイプの方は、水分の代謝がうまくいかず、体を冷やしてしまいがちという場合もあるようです。


これらのことから、どうしてもルイボスティーの副作用に関して言わなければならないのであれば、「体質、個人差がある」としか言いようがないのではないでしょうか?

posted by ルイボスティー茶 at 20:30 | 副作用について

ルイボスティーの副作用


ルイボスティーというのはたくさんの良い効果をもたらすお茶として認識されています。

その中に、活性酸素SODを除去し、炎症反応(痛みや腫れ、発熱など)を抑える効果を期待できたり、アレルギー性疾患にも効果的なものとして知られています。

アレルギー関連ともなると、ルイボスティーがいかに凄いお茶かということと同時に、果たして副作用はどうなんだろう・・・?と少し心配になります。


結論から言うと、ルイボスティーには全くといっていいほど副作用の心配はないということが言えるようです。

ルイボスティーの特徴は効果が及ぶ範囲が広いということでしょう。

熱、痛み、腫れ、といった普通に起こる症状(炎症反応といいます)で生じる諸症状をはじめ、かゆみ、発疹、ぜんそく、鼻炎といったアレルギー性反応も抑えます。

しかもステロイド剤のように、細胞に必要な新陳代謝を抑えてしまうという心配もありません。


アレルギー症状が発症したときなどに服用する薬のように即効性はありませんが、ルイボスティーを飲み続けることで、じわりと効いてくるルイボスティーは、アトピー体質の改善にも期待がかかっています。



posted by ルイボスティー茶 at 21:36 | 副作用について

スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。