スポンサードリンク


TOP> 赤ちゃんへの効用

カフェイン含有量


ルイボスティーには、おなかの中の胎児に影響するといわれているカフェインは含まれていません。

ノンカフェイン飲料なので、妊娠中はもちろんですが、乳児のうちから赤ちゃんへ与える飲料としてもルイボスティーは使えます。


カフェインの大量摂取は、死産のリスクを高める可能性があり、更に喫煙が加わると早産のリスクも高まるようです。

参考に主な飲料のカフェイン含有量は以下のとおりです。

 コーヒー: 100〜150mg/杯
 インスタントコーヒー: 90mg/杯
 紅茶: 75mg/杯
 インスタント紅茶: 30mg/杯
 コーラ: 40〜60mg/瓶
 ココア: 10〜20mg/杯
 煎茶: 40〜50mg/杯
 ウーロン茶: 40〜50mg/杯
 麦茶: 0mg

どうですか?ほとんどの飲料にカフェインが含まれてしまいますが、麦茶もノンカフェイン飲料です。

お母さんであれば当たり前の知識かもしれませんが、赤ちゃんに麦茶を与えましたね?

麦茶はノンカフェインなので、大丈夫です。


ルイボスティーは独特の味と風味があるので、「ルイボスティーはちょっと飲めない」というかたは麦茶がいいかもしれません。


カフェインは母乳にも移行するため、授乳中多量に摂取すると赤ちゃんがイライラしたり落ち着きがなくなったりすることがあります。

また乳児突然死症候群の発症率が増加することが分かっています。

ただしこれは、あくまでも大量に摂取した場合です。

1日1〜2杯程度ならカフェインの問題は大丈夫とされているようです。

たまには、ゆっくりとコーヒーを楽しんでリラックスして精神的なくつろぎも得ることも必要だと思います。


posted by ルイボスティー茶 at 22:19 | 赤ちゃんへの効用

カフェインゼロの魅力


ルイボスティーにはカフェインが含まれていません。


カフェインによる副作用はいろいろあるようですが、その中でも妊娠中のカフェイン摂取の影響はあまり軽く考えないほうが良いようです。

ただでさえストレスの多い現代社会で、妊婦さんはなおさらその傾向が強いものです。

食後のコーヒーはそんな気持ちを和らげてくれる、なくてはならないもの。

けれども、カフェインは胎盤を容易に通過してしまうため、妊婦さんがコーヒーや紅茶、お茶などを飲むとおなかの赤ちゃんにもカフェインが移行してしまうのです。

カフェインは良い効果もあるのですが、大量に摂取すると、不眠、不穏、精神興奮、筋緊張、頻脈、呼吸促進などといった副作用が出る場合もあります。


特に、妊娠中はカフェインを分解、排泄するのに時間がかかります。

更に、妊娠末期には代謝速度が1/3になり、妊婦さんの身体に長く残ることになります。

また先に述べたようにカフェインは胎盤を通過し胎児に移行するため、胎児はお母さんと同じ血中濃度になりますが、胎児は肝臓の機能が未熟なためカフェインをなかなか排泄できずに胎児の体内に高濃度のカフェインが留まるので悪影響が心配されます。

このようなことが無いように、妊娠中の飲み物には気を使うようにするのが当たり前になってきてはいますが、ルイボスティーのようにカフェインレスの飲料が何であるか、どの飲み物がカフェインが含まれていないかなどの知識は不足気味のようです。


ルイボスティーはノンカフェインのため、そのような心配は無用なのです。


posted by ルイボスティー茶 at 21:18 | 赤ちゃんへの効用

赤ちゃんも飲んでも大丈夫


ルイボスティーは赤ちゃんのうちから飲んでも、副作用や悪影響が出にくいドリンクと言えます。


母乳やミルクとは全く味が違うので、赤ちゃんの嗜好に合わせて最初は水で薄めてから飲ませてあげてみたほうが良いかもしれません。

飲めるようなら、徐々に普通の濃さにしていけば良いと思います。


粉ミルクで育てている場合、お湯の替わりにルイボスティーで溶かしても良いでしょう。

ただ、なかには最初だけうんちが少しゆるめになる乳児がいるようですが、これはルイボスティーがもつ効果・作用でお腹の中をキレイにしつつ、自然な腸の働きを促しているもの(赤ちゃんは腹痛は伴なっていないはずです)だということなので、心配しなくても良いようです。


便秘気味の赤ちゃんにも積極的に与えてあげると効果があるということですよ。


そして、意外な使い方かもしれませんが、赤ちゃんのおむつかぶれ、湿疹、にきびになどには、ルイボスティーを化粧水のようにパッティングしたり、ルイボスティーのティーバッグをお風呂に入れたルイボスバスが効果的なんです。

ルイボスティーは赤ちゃんのお肌にもとても良いのです。


もちろん大人でもOKで、普通の濃度(飲むときの濃さです)のルイボスティーを肌にペタペタと馴染ませる感じで、かゆい部分やひどい湿疹があった場合にも効果的。

posted by ルイボスティー茶 at 21:48 | 赤ちゃんへの効用

授乳中にもルイボスティーは安心


ルイボスティーはノンカフェインドリンクです。


カフェインは、コーヒー、紅茶はもちろん、コーラー、緑茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンクなどにも含まれます。

また、一部の医薬品にも含まれているようです。

ただ、お茶に含まれるカフェインはタンニンと結びつくためにその効果が抑制されますので、コーヒーのような興奮作用は弱く緩やかには作用します。


しかし、授乳中のお母さんがカフェインを摂取すると少量とはいえ、カフェインが母乳に含まれます。

またカフェインは母乳の分泌を悪くしたり、鉄分の吸収を妨げてしまいます。

そして、授乳することで赤ちゃんの身体に入ってしまいます。


赤ちゃんは大人と比べて消化器系が未熟なので、カフェインをうまく排出することができず、カフェインの影響がより強く出てしまいがちです。


カフェインは興奮剤の一種なので、赤ちゃんが摂取することでイライラして情緒不安定になったり、夜泣きをするという影響が考えられますね。


ルイボス茶はカフェインが含まれませんので、そういったカフェインの副作用の心配もなく、安心して飲めることが最大のメリットでしょう。


そして、ルイボスティーには、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムといった大事なミネラルが豊富にバランスよく含まれるといいますので、母子共に非常に良いドリンクと言えますね。

posted by ルイボスティー茶 at 20:15 | 赤ちゃんへの効用

妊娠中のルイボスティー飲用の影響


ルイボスティーは妊娠中の女性でも、最適なドリンクのうちのひとつです。

妊娠中の食事や飲み物にはかなりの女性が悩みの種としていることでしょう。

なぜならば、妊娠中の母親が摂る食事の内容が赤ちゃんへ計り知れない影響を与えることを皆、分かっているつもりでも、普段あまり意識して注意して取捨選択はしていないのではないでしょうか?


その点において、ルイボスティーは条件をクリアーしている飲料です。

ルイボスティーはカフェインレス(カフェインゼロ)のお茶です。


妊婦さんの場合、カフェインの含まれた飲料(コーヒーなど)を飲むと、カフェインは分子量が小さいために簡単に胎盤を通過し胎児に移行してしまいます。


そのため母親と胎児の血液中のカフェインの濃度は同じになってしまい、結果母親が過剰にカフェインを摂取すると胎児も過剰にカフェインを摂取することと同じになります。


成人女性の場合、過剰なカフェインは排除できるのですが、胎児はカフェインを排泄する能力が、まだまだ未熟であるために、カフェインを上手く体外に排泄することが出来ません。


すると排出されないカフェインは、胎児の体内に蓄積されるという悪影響を及ぼします。


今では欧米でのカフェインを敬遠する風潮に合わせて、デカフェと呼ばれる、カフェインを人工的に取り除いたドリンクも見かけるようになりましたが、カフェインを除去する技術・手法・方法については国や地域、業者によって異なるようなので、注意が必要かもしれません。

posted by ルイボスティー茶 at 20:11 | 赤ちゃんへの効用

不妊の改善にルイボスティーを

ルイボスティーには不妊の改善という効果が期待できるというのをご存知でしょうか?

妊娠したい!という人は必見です。


ルイボスティーには不妊改善の効果があると言われているようですね。



妊娠するには卵巣の中で卵子が元気に発育することが必要という条件がありますね。

しかし、体内に活性酸素が過剰に増えると卵子を老化させてしまい、卵子の質を低下させてしまいます。


女性の卵子の質の低下は妊娠しにくいということです。



そこでルイボスティーですが、ルイボスティーに含まれているポリフェノールが活性酸素の増加を防ぐ効果を持ち、卵子の老化を防ぐという感じになります。



これが、ルイボスティーで妊娠できると騒がれている所以となっています。

また、ルイボスティーは精子にも良いと言われていますので、子供が欲しい夫婦はそろってルイボス茶を飲むのが良いのではないでしょうか?



更にルイボス茶はノンカフェイン(カフェインレス)です。


妊娠にカフェインの取りすぎは禁物ですね?


普段の飲み物も、コーヒーなどカフェインの含まれている飲み物ではなく、カフェインの含まれていないルイボスティーに変えることで、カフェインの摂取も抑えることが出来て妊娠しやすくなるでしょう。


妊娠中でもカフェインの摂取はおなかの赤ちゃんに悪影響を与えることは周知のことと思います。

ルイボスティーで元気な赤ちゃんを産みましょう。

posted by ルイボスティー茶 at 14:26 | 赤ちゃんへの効用

妊娠していても飲める

ルイボスティーは、ノンカフェイン(カフェインレス)なので、かなり注意が必要な妊娠初期に飲んでも安全です。

母親がカフェインを摂取すると、分子が小さいカフェインは胎児まで到達して、母親と胎児の血液中のカフェイン濃度は同じになってしまいます。

成人であれば、カフェインを体外へ排出する能力は十分なのですが、胎児の場合、まだ未熟です。

そのため胎児の体内にはカフェインが蓄積されていくのです。

ルイボスティーの場合はこの点でも安心な飲料です。

また、ルイボスティーはタンニンをごく少量しか含んでいません。

タンニンは鉄分と結びつき、鉄の吸収を妨げます。


鉄分は、お腹の赤ちゃんの成長には欠かせない重要な栄養素です。

血液中のヘモグロビンと結びつき酸素を運ぶ役割を果たしています。

妊娠&授乳期は貧血気味になる方が多い(赤ちゃんが酸欠になる可能性がある)ため、タンニンの少ない(鉄分の摂取・吸収を妨げない)ルイボス茶は安心できます。


ただし、ルイボスティーには体を冷やす効果がありますから、冷え性の人は注意してくださいね。
posted by ルイボスティー茶 at 11:00 | 赤ちゃんへの効用

ルイボスティーで不妊治療

ルイボスティーには様々な効果・効用・効能があります。

なかでも密かに知られているのが不妊症にも効果を期待できるのでは?ということです。


活性酸素というものは適度にあれば、体内に侵入してきた細菌などをやっつけてくれるものなのですが、過剰にあると悪さをします。

私たちが生活していくうえで避けることが出来ないストレスなどから、通常体内に過剰な活性酸素を作り出していることのほうが多いのです。

過剰に増えると、原始細胞レベルから卵子を攻撃、質を低下させてしまうため、排卵障害などの原因になることもあります。


そこでルイボスティーです。

ルイボスティーを飲むと体内の活性酸素を除去する働きがあることが分かっているのです。

元々、私達の体は活性酸素が発生しても除去するSODと呼ばれる酵素を作り出す能力があるのですが、現代人は自己生産分では処理しきれないのです。

そこでルイボス茶を飲むことで、体内の活性酸素を少しでも減らしてあげようということです。


排卵障害などが原因で不妊症を引き起こしている人にはオススメの方法と言えます。
posted by ルイボスティー茶 at 23:00 | 赤ちゃんへの効用

赤ちゃんにも安心

ルイボスティーは基本的にはノンカフェインですので、赤ちゃんにも安心して飲ませている方も多いと思います。

しかし、「ルイボスティーがカフェインレスだから安心」という単純な理由だけではないようです。


そのひとつに、乳幼児のアレルギー症への対策とアレルギー体質の改善にルイボス茶は非常に有効であるということがあげられます。

特に、アトピー体質の場合の典型的な症状が、食べ物を受付けない(吐き戻す)というものですが、ルイボスティーで調整した食べ物を赤ちゃんに与えることで、赤ちゃんの吐き戻しなどが収まって、食物を受け付けるようになっていくのです。

ルイボスティーのこの効果は決して即効性があるとは言いにくいようですが、徐々にですが確実に効いていくようです。


赤ちゃんが食物拒否反応を起こした場合でも、慌てずに対処することが重要になります。

早期段階で代替食物(食べ物が合わなかったんだろうと違うものを与えていくこと)を探すのでなく、ルイボスティー調整食で食べ物への拒否反応を少なくしていくことが大事です。

早期対応の遅れが後の色々なアレルギー症状への発症へとつながるということです。
posted by ルイボスティー茶 at 21:00 | 赤ちゃんへの効用

スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。