スポンサードリンク


TOP> ルイボス茶について

ルイボスティーの品質の差について


ルイボスティーにはオーガニック(有機栽培)と名のつく製品とそうでないものがあります。

価格の差ももちろんありますが、そのほかにルイボスティとしての差はどの程度か考えたことありますか?



オーガニック(有機栽培)とそうでないものの違いはどの程度の差があるのでしょうか?

一般的に有機栽培と商品パッケージに明記できるようにするにはそれなりの品質管理が大切になってきます。


ルイボスティーの良し悪しは等級、グレードなどという単語で表現されることが多く、当然高い等級、グレードのほうが味はもちろん有効成分が多く含まれるということになります。


ルイボスティーの有効成分で有名なのはフラボノイド、SODといったところがあります。


オーガニック製品と一般品ではその差はかなり大きく、SOD作用を期待するならば一般品はあまり期待できないという見解もあるほどです。


ルイボスの樹から枝と葉を同時に裁断して、お茶を作ります。

実は、枝よりも葉のほうが品質がよく、味がまろやかになることが分かっています。

通常の市販のルイボスティーの場合、枝の部分が多く入っていることが多いです。

等級の高いルイボスティーの場合は、枝の部分がほとんど入っていないことが多いのです。

紅茶もそうなのですが、枝が入っていない高級茶の場合、苦味が少なく味がまろやかになります。


posted by ルイボスティー茶 at 12:58 | ルイボス茶について

ハーブティーとして


ルイボスティーには、ハーブティーとしての側面も持ち合わせている健康茶の一種です。

ポリフェノール(フラボノイド)やミネラルが豊富な赤いハーブティーです。


ルイボスとティーは、生産地が限定(南アフリカ共和国、西ケープ州のケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生)されている貴重なハーブティーで、各種ミネラルが豊富に含にまれています。


ルイボスティーにはカフェインが含まれていないので赤ちゃんや妊婦の方にもおすすめですね。

また、タンニン濃度も低く、抗酸化作用があるとされています。



抗酸化作用とは、人体に悪影響を与えるといわれる活性酸素を分解除去する作用のことで、SODと呼ばれます。


ルイボスティーは、ビタミンCやカルシウムを多く含んでいるので、軽い胃の不調や下痢などにもよく、アレルギー(特に牛乳アレルギー)を改善します。


ほかには、強壮作用、鎮痙作用、老化防止、貧血改善など様々な効果効能を持っています。

少々他のお茶(麦茶など)と比べると価格が高いような気がしますが、健康効果面では手放すことが出来ない人もいる、などを考えるととても有用なお茶ではないでしょうか?

生産地では奇跡のお茶などとしても飲まれています。

posted by ルイボスティー茶 at 22:23 | ルイボス茶について

グリーンルイボスティーとは


グリーンルイボスティーとは、日本の緑茶と同様に、茶葉を発酵させないで作られる緑色のルイボスティーのこと。

緑色といっても、一般的なルイボス茶に比べると赤くないという感じで、緑茶のみどりのような色ではありません。


ルイボスティーは発酵茶葉で紅茶のような茶褐色をしていますが、グリーンルイボスティーは非発酵茶葉で普通のお茶のような色(私にはミドリには見えません)をしています。

特殊な製法により発酵させずに仕上げることで一般的なルイボスティーとは違い、緑茶に似たあっさりとした味わいとなります。



特筆すべきはその成分です。

一般的な発酵タイプのルイボスティーに比べ、若々しさを保つと言われるフラボノイドが10倍以上!

ルイボスティーの魅力であるSODフラボノイドのおかげで、人体に悪影響が心配される活性酸素の分解除去作用が普通のルイボス茶よりも期待できそうですね。


そして更に、アスパラチンが一般的な発酵タイプのルイボスティーの50倍!

アスパラチンとは、血糖値上昇を抑制する効果や、腎炎の代謝異常を緩和する効果、UVストレスに対する保護作用などを持つ物質です。


当然ミネラルも豊富で、ノンカフェインです。

赤ちゃんや妊婦さん、胃腸の弱い方にも安心して飲めます。



ちなみに、オレンジジュースとジンジャーエールを加えたオレンジルイボスティーというのもあります。

こちらはどちらかというと、さわやか系のドリンクですね。

posted by ルイボスティー茶 at 19:55 | ルイボス茶について

ルイボスティーの専門工場


ルイボスティーの専門工場としては有名な”ルイボス製茶”があります。

本社は日本国内にありますが、茶葉は南アフリカ原産の厳選されたルイボス原料を使用しています。

株式会社ルイボス製茶といい、有機JAS認定工場となっています。


有機JAS認定工場というのは有機栽培と製品パッケージに表記するには、この有機JAS認定を受ける必要があるのです。

しかし、この有機JSA認定というのがとても厳しいのです。


有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができるというもので、認定されないと製品に、有機やオーガニックという名称を表示出来ませんし、紛らわしい表示さえも法律で禁止されているほどです。


ルイボス製茶では、有機JAS法(日本農林規格)の基準に合格した認定商品として、日本第一号のルイボスティーの製品化を行いました。


そこで作られるルイボスティーは日本茶で培われた製茶仕上げ工程を取り入れ、独自のルイボスティーの品質を確立すると共に、衛生管理・品質管理を徹底し、製品は最高品質に完成されているとも言われます。


ルイボスティーにはミネラルとSOD(活性酸素除去酵素)が豊富に含まれていて、身体の健康にとても有用ですし、ノンカフェインとして一切カフェインを含んでいないので子供はもちろん、妊婦さんにも安心な飲料です。

posted by ルイボスティー茶 at 19:43 | ルイボス茶について

オーガニックルイボスティーとは

ルイボスティーのなかでもオーガニック認定を受けているルイボス茶がありますね。


基本的に無農薬有機栽培されたものがオーガニック認定を受けることができるのですが、有機食品の検査認証制度は農林水産省が定めています。

合格したルイボスティーには有機JASマークを表示させることができることと、オーガニックという呼称をつけることができます。


有機JASマークは太陽と雲と植物をイメージしたマークです。

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられているマークです。


有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができるというもので、現実問題は取得することは、かなり難しいものとなっているようです。




オーガニック(無農薬・有機)ルイボスティーは、無農薬、有機栽培が基本。


オーガニックルイボスティーには健康を害する化学薬品や農薬が一切使用されず、残留農薬などの有害物質が含まれてないということ。

安心安全を追求した形です。



ただし、価格は他のルイボスティーよりも高めになっていますよ。
posted by ルイボスティー茶 at 14:21 | ルイボス茶について

ルイボスティはお茶なのにノンカフェイン?


妊婦さんや赤ちゃんでも安心して飲める飲み物として、ルイボス茶があります。


なぜ安心なのでしょうか?


実は、ルイボスティーにはカフェインが含まれていません

ルイボス茶というのは、ノンカフェイン(カフェインゼロ)の飲み物と言うことになります。



カフェインの摂取には様々な意見があります。

カフェインには良い面と悪い面があることは何となく聞いたことがありませんか?


わかりやすく、抽象的な思考が必要ない仕事をする場合は、カフェインが仕事の効率アップに役立つそうです。

他にはテスト対策に答えを丸暗記するときのように叙述的な記憶であれば、カフェインは記憶力アップにつながるそうです。


しかし、習慣的に多量のカフェインを摂取していると飲酒と同様、肝臓などに負担をかけると言われています。

胃腸が弱い人には粘膜が荒れる原因にもなったり、胃酸過多の原因にもなりかねません。

また、大量のカフェインは神経の興奮を高めて、血圧を上げるという作用も見過ごせないものです。



ルイボスティの特徴は、カロリーゼロ、美肌効果、アレルギー抑制など多くの効果効能があります。

また、天然のミネラル(鉄分、亜鉛、マンガン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、銅など)をバランスよく含んでいます。



このようにルイボスティというのは、妊娠中も安心して飲めるて、しかも生まれたての赤ちゃんでも安心して飲める飲み物なのです。

posted by ルイボスティー茶 at 14:39 | ルイボス茶について

ルイボスティーの効用&効果

ルイボスティーの年間平均生産量はあまり多くありません。

ルイボスティーにも等級があって、生産されたルイボスティーは、スーパーグレード、チョイス、スタンダードという3つの等級に分けられます。

その中でも、スーパールイボスティーと呼ばれる「スーパーグレード」ですが、この等級のルイボスティーは煮出すことで、ルイボスティの有効成分が効果的に引き出されます。

ルイボスティーの茶葉かティーバッグを入れて沸騰したら、ケトル(やかんです)のふたを開けたまま中火で20〜30分くらい煮出します。

それから火を止めて自然に冷めるまでそのままにしておく方が、より成分が出ておいしくなります。

冷やしている間、茶葉(ティーバッグ)は取り出さない(冷めてから取り出します)。

すぐに飲みたいときでも、ふたをしてしばらく蒸らしてから飲んでください。

美容と健康を気にする人は、30〜50分煮出しましょう(この場合は、水の量が3割ほど減ってしまいます)。

少ない水から長い時間煮出せば煮出すほど、ルイボスの成分が抽出されます。

食生活が乱れがちで、脂肪の取りすぎな方や、二日酔い予防などにお酒の後にたくさん飲むと効果が期待できます。
posted by ルイボスティー茶 at 16:56 | ルイボス茶について

ルイボスティーを安く買うには

ルイボスティーって結構高いんですね。

普通のお茶とかとは違うから仕方ないと思いますけど、結構どころかかなり高い。


無添加100%のオーガニックルイボスティーとかは、100gで500円位します。

でも、普通の日本茶でも100gで800円とか1,000円越えは、いいお茶になれば普通です。


でも実はルイボスティーにも価格差があって、まさにピンキリなんです。

通販系だと、いくらか安い傾向なのですが、それでもすごく価格の高いものや、えらい安いものまで様々。

その中でも激安!ってやつ、心配じゃないですか?特に品質が・・・。

私は心配です。



世の中、価格にはワケがあって、高いには高いなりの、安いには安いナリの訳ってモノがありますから・・・。


まぁ、その中でもルイボスティーの共同購入なら随分安心できると思いますよ。

価格的には3分の1程までに落ちてて、激安です。

心配かも知れないけど、やっぱり尋常じゃない量を捌くので、相当プライスダウンが見込めるって訳で、こういう激安なら、ルイボスティの品質にも問題ないかと…。


値段が高いイメージのあるルイボス茶でも共同購入なら安いし、品質も安心できるしで、助かりますね。
posted by ルイボスティー茶 at 19:30 | ルイボス茶について

プライバシーポリシー


◆クッキーおよびWebビーコンについて


本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。

クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。

クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。

クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。
また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。



当サイトにおいては、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。


1.利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。

  このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。

2.本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。

3.掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。



◆クッキーの無効化と有効化


ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。

ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。
ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。



◆配信広告におけるクッキーと無効化


本サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、本サイトや他のウェブサイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。



posted by ルイボスティー茶 at 00:00 | ルイボス茶について

スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。